股関節が硬くヨガのポーズがしにくい原因その③~腸腰筋

硬い股関節と腸腰筋

大腰筋腸腰筋
腸腰筋とは大腰筋、小腰筋、腸骨筋を合わせたものの総称です。この図では小腰筋は描かれておりませんが、小腰筋は大腰筋の分束ですので位置的にはほぼ大腰筋と変わりません。腰から骨盤の中を通り大腿骨へ繋がる筋肉が大腰筋、骨盤を構成する骨のうちのひとつである腸骨から大腿骨へ繋がる筋肉が腸骨筋です。いずれも大腿骨へ繋がっておりますので足の上げ下げや開脚や前屈など股関節を動かす時に欠かせない筋肉になります。
股関節
股関節が硬い状態とは、骨盤にはまっている大腿骨の動きが悪い状態、つまり可動域が狭い状態ですので、このジョイント部分のそのすぐそばに付いている腸腰筋の動きも狭まり、動きが悪い状態が恒常的に続くことにより筋肉が硬くなっていきます。硬い筋肉は鍛えにくくなりますので弱くなります。逆のこともあります。加齢や運動不足などにより腸腰筋が弱って筋肉が硬くなってしまい、股関節の可動域を狭めている場合もあるかもしれません。また、大腰筋は腰から始まっていますので、腰痛のある方は硬くなりやすく弱りやすくなります。
なぜ股関節は硬くなるのか
股関節が硬くヨガのポーズがしにくい原因その②~腰痛とお尻
股関節が硬くヨガのポーズがしにくい原因~その①仙腸関節

腸腰筋を鍛えると股関節の柔軟性が上がる

これを改善できるのが「柔軟な股関節を作るヨガ~魔法のyokaメソッド」です。硬くなった筋肉をただ闇雲に伸ばそうとしても痛いだけでしなやかな筋肉は作れません。「緩める」「動かす」「鍛える」の3ステップ法により最速で柔軟な股関節を手に入れることができます。
筋肉には鍛えた後緩みやすくなる、という性質がありますが、硬くなった筋肉は鍛えにくい、つまり筋トレをしても筋肉量が上がりにくいのも事実です。逆に、柔らかな筋肉は鍛えるとすぐに反応する優秀な筋肉と言えますので、鍛える前にまず緩めて柔らかな筋肉を作っていきます。
ところが、股関節が硬い方はほとんどの場合、この腸腰筋が硬く痛みを感じさせています。痛いとストレッチすることも難しいことがありますので「緩める」パートではストレッチを行う前に腱(筋肉が骨に付着している部分)をほぐして筋肉の緊張を取り、筋肉が伸びやすい状態をまず作ります。できる限り、ここで痛みを軽減しておきます。痛みを感じていらっしゃらない場合でも、もちろん、腱をほぐしてからのほうが筋肉はより伸びやすくなりますのでストレッチ効果、筋トレ効果が高まります。さらに、痛い状態ですとこの後の「動かす」「鍛える」も、痛みを感じながら続けることになり、ヨガの効果のひとつである「呼吸に意識を向けて自分と向き合う」を感じていただくことが難しくなりますので、できる限り皆様には痛みを感じることのないよう、常にお声がけをさせていただいております。
柔軟な股関節を作るヨガ「3ステップ」大公開
(ポーズ解説)ボート漕ぎ~腸腰筋

まとめ

腸腰筋は股関節の硬さに密接に関係している筋肉のうちのひとつです。この腸腰筋をほぐして鍛えることにより股関節の柔軟性を上げることができます。「柔軟な股関節を作るヨガ~魔法のyokaメソッド」は硬くなった腸腰筋も痛みを感じることなく緩めてほぐし、鍛えることで、初回から股関節の変化を実感していただけるレッスンです。また、痛みを感じない、心地良く呼吸ができる範囲で動いていきますので自分に向き合う余裕も生まれ、心身共にヨガの効果を感じていただけます。
蓮華座 合掌

¥1,000/40分 オンラインヨガレッスン
予約はこちら 別サイトに遷移します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です